秋葉講

昔、長田大火事があって以降100年以上続いてきたのではないか?という防火祈願の「秋葉講」がこの度、高齢化もあり終える事になりました。
最後の宿となった我が家に皆さんが神様をお迎えに来てくれ、長田にある清見寺の秋葉さんがお祀りされている社に、「今までありがとうございました。そしてこれからも長田に大火が起きませんように。」と最後にみんなで手を合わせお返ししてきました。

当初は長田全域で3地域に別れて祈願していたのが、最後に残ったのは私の住む西の村だけ。西の村も昔は、22軒全て参加していていたのが、今は10件ほど。
昔は年に4回開催されていて、毎年年末には翌年の宿決めをの為、今も昔も楽しみ上手な長田っこは、米俵を使った手作りのくじ引きで、大騒ぎしながら親(会場)と子(お手伝い)担当の2軒を決めていたようです。
くじで決まった会場のお家で、お昼から担当2軒の奥さんたちはご馳走の準備、夜にみんなで火事にならないようにと拝んでから宴会をしていました。
20人以上のご馳走作りは準備も一苦労。メンバーもだんだん減ってきて、それでも続けられる形をと次第に簡素化し、最近は6月と12月の年2回、順番に回ってくる宿担当のお家が予算内でお弁当注文しての宴でした。
でも、独り暮らしの方もおられたり、準備も大変で辞めたいという声もチラホラあり、2018年6月で終えることになりました。
ずっと続いていた行事がなくなってしまうのは残念ですが、時代の流れや、それぞれの家庭の事情もあるでしょうし、しょうがない…。
最後の宴会は公民館でこじんまりと。
定例の秋葉講はなくなってしまうけど、またたまに集まろう!とみんなで乾杯しました。

近頃はよそのお宅にお邪魔する機会もなかなかないし、長田ことや長老たちの若かりし頃の武勇伝を長田弁で聞くのも楽しみの一つだったので少し寂しいです。

この先も長田に火災が起きませんように。

アートマネジメント研修。

私が大山にやってくることになったきっかけでもあるアートプロジェクト。

てまひまでも、のまど間(http://nomadoma-daisen.com/)でも、毎年アーティストインレジデンスの受け入れをさせていただいていることもあり、勉強のため京都芸術センターで開催された

アートマネジメント研修プログラム2017「失敗するアートプロジェクト」

に参加してきました。

まだモヤモヤしている部分もたくさんありますが、

・コミュニケーションを消費しない(ように気をつける。)

を今年の目標の一つに加えようと思いました。

プログラムの中で、大阪の西成区釜ヶ崎にあるゲストハウスとカフェと庭ココルームで毎月実施している「ホームレスの方におむすびを作って声をかける」という夜回りに参加しました。

久々に緊張しました。

寒い中外で外で寝るおじさんに、「こんばんは。」と声をかけて、近づき、目線を合わせ、おむすびを渡して、少しだけお話ししました。

おじさんは両手を合わせて、くしゃっとした笑顔で「ほんまにありがとう!」と言ってくれました。会話という会話なんてできていないけど、私の緊張も受け入れてくれた上での言葉のような気がして、ものすごい包容力を感じました。

だいぶ歩いてから振り返ってみると、おむすびと一緒に渡したココルームの活動を書いてある紙を近くの自動販売機の光で照らしながら真剣に読んでくれていました。

チラシとか渡すしもらうけど、読んでもらえないこともあるし、自分も読まないこともあるし。

コミュニケーションをすごく消費していたというか、雑にしている日々に気づき、おじさんに渡しに行った時は「話す」事にすごい集中していた事にも気づきました。

という事で、今年は、もう少しコミュニケーションとか、言葉とかを大切にしようと思ったのでした。

 

私は、いろんな気づきや、「?」を与えてくれるアートプトジェクトが好きなようです。

大山アーティスト移住計画 6月

2016年6月から始まった「大山アーティスト移住計画」

東京在住、国内外で活躍するアーティスト菊池宏子さんとご近所アーティスト大下志穂さんのプロジェクト。

てまひまの夢の一つでもある、アーティストインレジデンス(AIR)の受け入れ。

このプロジェクトはAIRとは少し違いますが、レジデンス施設として関わらせてもらっています。

この日は、ハリキリ朝ごはん!

rice

張り切っては早く起きすぎたので、おむすびに海苔でお絵かき。

修行が必要です…。

でも、みんなで食べる朝ごはんはおいしい!

rice2

rice2